2011年12月13日

音とスペインの夜レポート

先週日曜日に行なった「音とスペイン」チャリティーイベントin Proyect Gのレポートです!
南紀の台風被害へのチャリティーを兼ねて行ないました。



和歌山十一番町のProyect Gで、和歌山人×京都バハルボール、スペイン料理チームによる音楽とスペイン料理のイベントを行ないました。





この日の目玉は、なんと行っても巨大パエリア鍋で作る本格派パエリアと、
ベネンシアドール(シェリーを注ぐプロのことを言います。)によるシェリーです!!
パエリアを作るバハルボールさんは、
なんとパエリアバスに乗って京都からやってきました。



このバスに乗って、東北でもパエリア作りに出動。日本全国どこでもパエリアを作りに出かけます!
パエリアバス

写真に映っているのはイワシのパエリア



バハルボールチームが鶏のパエリア、イワシのパエリア、イカ墨のパエリア、そして
アンコールにもう一度鶏のパエリアと、4回に渡りパエリアを作ってくれました!



そしてこちらがベネンシアドール、古田さんのシェリー注ぎのパフォーマンス。
遠いところから下のグラスにシェリーを注ぐことで、空気にふれさせてより香りと
味わいを発たせます。グラスに注ぐたびに、大きな歓声が巻き起こりました!



和歌山のKeep OnさんによるDJで、ゆったりした雰囲気から徐々に終盤はダンスホールに!
約90人のお客様が訪れ、非常に大盛況で終わりました。
きてくださった皆様、どうもありがとうございました!





Posted by ワインと食材の店 ビアンコロッソ at 16:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。