2011年04月28日

ゴールデンウィークはラベル不良セール!

ビアンコロッソのゴールデンウィークといえば!
不良ラベルワインセール!



!!!!!最大50%OFF!!!
4月29日(金)~5月7日(土)

アイテム60種類以上ご用意しております。

一万円以上のワインも1日数本限定特別セール!
※数に限りがございます。お早めにどうぞ!

パン材料 食材コーナーリニューアル!ドライフルーツやおつまみ等
お求めやすいサイズでご用意しております!

そして7日最終日はポイント2倍デー★
*セール期間中ポイントは加算いたしますが、期間中の割引券と
してのご使用は出来かねますのでご理解の程よろしくお願いします。  


Posted by ワインと食材の店 ビアンコロッソ at 15:39Comments(0)イベント

2011年04月21日

イタリアワイン紀行②:ヴィーニイタリーレポート

ロベルト・チプレッソ Roberto Cipresso



ブルネロ造りのヒーロー、ロベルト・チプレッソ氏と初の対面。ラ・フィオリータのブルネロをはじめ、トスカーナを中心に手掛けるワインを色々試飲させていただきました。


ラ・フィオリータを生み出す土壌。

若い醸造家たちとのチームを組み、ロベルトは様々な畑の醸造をサポートしています。



テーブルに並ぶのが、彼らがイタリア全土で手掛けたワインの数々。
担当醸造家が、その土地土地の特徴を感情込めて話してくれ、それぞれの畑の情景が目に浮かんできます。
彼らのワインはどれもブドウのよさが最大限に引き出され、果実味たっぷりで非常に香りだかく、酸は控えめでジューシーな味わいがしっかりとした骨格と共に口の中に広がります。

サンピエトラーナ Sampietrana

プーリアの生産者、サンピエトラーナ。一般的にプーリアというと、プリミティーボ
最も有名ですが、彼らのワインを飲んで、つねにネグロアマーロの偉大なる可能性を
感じずにはいられません。

プーリアといえば、元々バルク(樽)で売る安価なワインを作る生産地で、多くフランスなどに輸出されていました。すぐに運べるように、多くの畑やワイナリーは海の近くに作られた名残が今も見られます。



ステファノ・チヴィーノ氏に話を聞くなかで最も印象的であったのが、一番ベースのワインである赤ワインの品種の割合を聞いたときです。ネグロアマーロマルヴァジアをブレンドしたこのワイン、実は性格な割合はわからないと言います。その理由はとてもユニーク。

マルヴァジアは香りが高い品種だから、昔からネグロアマーロ
香り立てするブレンドするブドウとして使ってるんだけど、7列ネグロアマーロのSamp木が並んでる中に、一列はマルヴァジアを植えてるんだ。そして、一気にそれを一緒くたにして収穫する。
通常はタンクの中で行うブレンド作業を、プーリアでは昔から、すでに畑の中で行ってたのさ。
その方が簡単で楽でしょ?だから細かい比率はわからないんだよ。」

なんともイタリア人らしい発想!!そうやって地元で昔から楽しまれているワインです。

彼らが今一気に勢いをつけている理由の一つが、
Vigna Delle Monache サリーチェサレンティーノDOC2006

世界各国からマスターオブワイン、著名ジャーナリスト、ソムリエなど約200名がイギリス集い、
世界中からエントリーされた1万本以上のワインの評価する2010デカンタ国際ワインアワード
コンテストで、見事最優秀賞であるインターナショナルトロフィー賞を受賞しました。
イタリアワインで選ばれたのは3本のみです。

ニコデミ Nicodemi

ニコデミエレナアレッサンドロとの対面。
ニコデミは彼らの父親Bruno氏が始めたアブルッツォを代表するワイナリーの一つです。
Bruno氏が亡くなった後、彼の息子と娘がワイナリーを一新し、父親の残した素晴らしい畑から次の世代のワイン造りを
始めます。ワイナリーで使われる電力は、全て太陽パネルを使った
エコエネルギー
そして、父親が亡くなった後に制定された、DOCGエリアのど真ん中に位置した彼らは、
それまで赤、白、ロゼ一種類ずつのベースラインしか作っていなかったラインに新たにDOCGを誇る
クオリティーワインラインを作り始めます。それがneromoro。畑の中で特に優れた
場所をCruとして、更に濃厚で味わい深く、存在感あるモンテプルチャーノDOCGでした。
  


Posted by ワインと食材の店 ビアンコロッソ at 11:56Comments(0)

2011年04月09日

イタリアワイン紀行①:ヴィーニイタリーに到着!



やってきましたイタリアワインの祭典ヴィーニイタリー。
世界で行われるワインの展示会の中で、最も大きな祭典です。

そしてここはヴェローナ。ミラノとヴェネチアの丁度間に位置する
この街は、ロミオとジュリエットやローマ時代のコロッセウムで
行われる野外オペラなどで有名です。

4月7日~11日の5日間、ヴェローナの街がイタリア中から集まる
ワインで溢れます。



早速会場へ。会場の中は、イタリアのそれぞれの地域にパヴィリオンが
分かれ、建物の表面には思い思いの地域のグラフィックが大きく描かれています。



中は、それぞれのワイナリーが年に一回のプレゼンテーションを
待ち望んでいたかのように、非常に色鮮やかなブースが延々と続きます。

今日訪ねたのはコッポ、ディメオ、アルデゲリです。



コッポはピエモンテブースを入ると目の前に大きなブースをViettiと
ともに構えていました。ものすごい人だかり。
来週改めて訪問するので最新ヴィンテージを試飲させてもらい、
別れます。



こちらはディメオ。彼らの斬新なボトルが並びます。

アルデゲリでも、まだ飲んだことのない新アイテムなどを試飲しました。
彼らはヴェネトの地域で最も多く販売されている、地域の人々に愛されたワイナリーで、
会場も多くの人でにぎわっていました。
明日からは週末、さらににぎやかなイベントが目白おしです。





  


Posted by ワインと食材の店 ビアンコロッソ at 14:23Comments(0)イタリア・スペインの旅

2011年04月05日

4月のバール ビアンコ・ロッソは春パーティ!

ようやく春の陽射しになっても咲き始めましたね。

毎月第3金曜に開催しているバール ビアンコ・ロッソ。
今月のバールは『春らんまん』と題したパーティを行います!

まずは、アコーディオン!
和歌山を拠点に活躍されているみずのまりもさんを招いて、
うっとりするようなアコーディオンを演奏していただきます。
アコーディオンの音色を聴きながら、美味しいワインを楽しめるステキな会になりそうです。

そして、チーズ!!
大阪を拠点に各地でチーズのケータリングや音楽とチーズのイベントなどを開催されている
SESSIONチーズ魂さんをお招きします。
10種以上のチーズをなんと塊で並べ、そこから切り分けて全種類お召し上がりいただけます。
出張チーズ専門店がビアンコ・ロッソに登場!気に入ったチーズはその場で買えちゃいます。

もちろんワインはいつもの様に店頭価格そのままでお楽しみいただけます。
その日のお勧めグラスワインもご用意!





春らんまん チーズとアコーディオンのハーモニー     
4月15日(金) バール営業  18:30~22:00(21:30ラストオーダー)
          イベント開始  19:30予定
          会費:2,000yen(ワイン別)
          (当日はご予約のお客様を優先させていただきます。)


ご予約・お問い合わせはビアンコ・ロッソまで。お待ちしております!

  


Posted by ワインと食材の店 ビアンコロッソ at 11:21Comments(0)イベント